閉じる

【本場小千谷紬】特選絣つなぎ織り九寸名古屋帯「優彩花段文」織物ファンの方へ!雪国からの贈り物…-帯 【本場小千谷紬】特選絣つなぎ織り九寸名古屋帯「優彩花段文」織物ファンの方へ!雪国からの贈り物…-帯

いちばん大切なものを、未来へ


絹100%
長さ4.35m(御仕立て上がり時)
小千谷織物同業協同組合証紙がついております
※素材の性質上、フシによる凹凸組織の変化、色の濃淡などございます。
風合いであって難ではございませんので、その点ご了承くださいませ。
◆最適な着用時期 10月~翌年5月の袷頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン お茶席、お稽古、芸術鑑賞、観劇、おでかけ、お食事

◆あわせる着物 色無地、小紋、織のお着物
織のお着物ファン、着物通の方へ!
手仕事だからこその完成度、高度な絣技術にて織り上げられた、
表情豊かな紬九寸名古屋帯のご紹介でございます!

小千谷紬は、緯絣の紬…

緯糸全てが、絣糸。
様々な色彩の緯絣にベールのように経糸がかかり…
全体の色調が、本当にやわらかく優しい雰囲気に織りあがります。
まるで、染めのきもののように濃淡豊かな色彩表現。

手間隙をおしまず丁寧に手がけられる作品たち。

まずは、絣図案の制作そして定規作り。
板や紙に十数条の細かい溝を掘り、絣図案を転写します(図案が線状に分解される)。
さらにその図案を、薄板を重ねたものを締めた定規のうえに転写(木羽定規)。
これによって、糸のどの位置に色が入れば絣模様ができるのかが決まります。

そして、糸作り。
繭を裂き、綿状にしてから糸にして紡ぎ、真綿の風合いを出します。
柄模様は、織る前の糸に木羽定規を合わせて、糸に直接染料を摺り込みます。
色止めの後、織幅の端の目印となる「耳じるし」を合わせながら織り上げます。
絵絣が美しく表現されるよう経緯の糸を固く機巻きし、あとは丁寧にこつこつと
機を手仕事で織ってゆくのです。

そうして織り上げられた努力の結晶とも言うべき小千谷紬。
美しい絵絣に、真綿のしなやかさ。

およそ三万二千本の絣糸を緯糸とし、絵柄を変えるたびにつなぎ
織り込んでいく『つなぎ糸』の技法でまず様々なお柄を込めた
風趣な横段が織り描きだされております。

この濃淡、お色の浮き沈み。
染めではない、綿密に計算された絣によるデザイン。
琉球など南国の紬にはきっちりとした幾何学模様が多くみられるのに対し…
雪国の絵絣紬は、絵画のような織りあがりがその特徴です。

優しいグリーンの地に、創作性溢れる横段の絣意匠を織りなしました。
あきの来ない豊かな表情に仕上がっております!

量産できるお品ではありません。どうぞこの機会をお見逃しなく…
お手元でご愛用頂けましたら幸いで御座います!
九寸帯のお仕立て
(綿芯お仕立て) (絹芯お仕立て)
撥水加工をご要望の場合
(パールトーン加工 九寸帯)
(ガード加工 九寸帯)

※仕立てあがったまま保管されておりますので、折りたたみシワがあることがございます。この点をご了解くださいませ。
[A0G206111QW]-[TP:松野香]-[PS:松野香]-[CH:田中郷]-[文責:渡辺健]-[0916018]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。